【バンコク】夫婦旅行におすすめなノンビリ楽しむ4泊5日

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは!なばっち(@go-travelblog.com)です。

タイの首都バンコクへ夫婦で4泊5日の旅行へ行ってきました。

バンコク市内の観光スポットを回ったり美味しいグルメを楽しんだり、アユタヤ遺跡観光なども訪れてノンビリと過ごした4泊5日でした。

タイ・バンコクに行ってみようかと思っている人達に今回の旅を通じて感じたオススメのポイントや、これは気をつけた方が良いと思った点をお知らせしていこうと思います。

ぜひ最後まで読んでいって下さい。

この記事でわかること
  1. バンコク旅行4泊5日の旅程
  2. バンコクに訪れる時期はいつが良いのか?
  3. 宿泊ホテルはマリオット・ホテル・スクンビット
  4. バンコクの移動手段と交通事情
  5. バンコクのおすすめスポット
  6. バンコクのおすすめグルメ
  7. 日帰りアユタヤ観光
  8. タイのマッサージ
Contents

バンコク夫婦旅行4泊5日の旅程

  • 1日目
    00:55 羽田空港発-7:25 スワンナプーム空港着
    09:00 マリオット・スクンビットにチェックイン
    10:00 B’Blossom Beauty & Spaでタイ式マッサージ
    13:00 セントラル・エンバシーでランチ
    19:00 タリンプリンでディナー 
  • 2日目
    12:00 ソンブーンレストランでランチ
    13:00 アユタヤ観光ツアーに参加
  • 3日目
    12:00 バーン・パッタイでランチ
    13:00 ワット・ポー観光
    16:00 Chom Arunでディナー
    19:00 ラチャダー鉄道市場巡り
  • 4日目
    12:00 ウタイでランチ
    13:00 チャトゥチャック市場でショッピング
    16:00 アイコンサイアムでショッピング
    19:00 ティップサマイでディナー
    23:00 ルーフトップバー
  • 5日目
    12:00 Ong Tongでランチ
    15:00 PAÑPURI WELLNESSでSpaとマッサージ
    24:50 スワンナプーム空港発-翌6:30 羽田空港着

見ての通り時間に余裕のあるノンビリした旅程です。

若いカップルであればもっとアクティブに動き回って、夜のカオサン通りやNanaエリアで遊んでも楽しいと思います。

行き帰り飛行機は共に深夜便を利用して、初日と最終日を有効活用しています。

初日は深夜フライトで身体が疲れているので午前中にタイ式マッサージでリフレッシュすると午後の観光が楽になります。

バンコクに訪れる時期はいつが良いのか?

バンコクに訪れる時期はいつが良いのか?
年間のバンコクの気温と降水量 出典:タイ国政府観光庁HP

バンコクは年間を通して高温多湿です。

今回僕たちが訪れたのは10月下旬。本来であれば雨季終盤ですが実際にはほぼ終わっていたので連日晴天に恵まれました。

体感は日中も夜間も激しい暑さと湿度で、ほんの少し外を歩くだけで汗が吹き出してきます。

一般的にはバンコクは乾季で気温の落ち着く1、2月がベストシーズンですが気をつけたいのは大気汚染。

この時期は年間で最もヒドい時期で、マスクを付けないと外を歩けない日もあるそうです。

避けたいのは暑気の4、5、6月。
あまりの暑さに観光どころではないです。

1番のおすすめは乾季の入りである10月下旬〜11月
気温はまだまだ高いですが天候が安定し始め空気も比較的澄んでいました。

狙い目ではないでしょうか。

バンコク夫婦旅行での宿泊先

宿泊ホテルはマリオット・ホテル・スクンビット
出典:Booking.com

BTSトンロー駅から徒歩5分にあるマリオット・ホテル・スクンビットに宿泊しました。

バンコクの中でも5つ星の最高級ホテルで高いホスタビリティを持った贅沢なホテルです。

バンコク旅行の醍醐味の一つは世界の主要国では高額すぎてとても宿泊できないような高級ホテルに比較的リーズナブルな価格で泊まることができることです。

トンロー駅周辺は日本人の駐在者が多く住んでいる地区で、日本食レストランや日系雑貨などのスーパー、マッサージ店などが数多くあり、バンコク観光の拠点として抜群のロケーションを誇っています。

地上49階のルーフトップバー「オクターブ」は360°バンコク市内を見渡せる絶景と、ルーフトップバーでは珍しいカジュアルOKなドレスコードが魅力です。
ぜひカップルで訪れたい雰囲気抜群のバーです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
Contents
閉じる