カーライフ

長距離ドライブが不安な人向けの必需品5選!|これがあれば安心です

長距離ドライブが不安な人向けの必需品5選!|これがあれば安心です

こんにちは!なばっち(@go-travelblog.com)です。

長距離ドライブって慣れていない人にとってはあまり良いイメージがないですよね。

長距離ドライブって経験ない!
すごく疲れるイメージがあるから不安だな。

少しでも快適にドライブしたいんだよね!
必要な物って何かあるの?

こんな不安を解決していきます。

不安を感じる人は長距離ドライブにこんなイメージを持ってると思います。

  • 疲れる。眠気に襲われる。
  • 事前に準備が必要そう。
  • 渋滞にハマッたらどうしよう。

特に「疲れる 眠気に襲われる」の理由で長距離ドライブはヤダと考えている人が多いと思います。

こういった不安を解決することで快適に長距離ドライブを楽しむことができるようになります。

僕自身、不安を解決するためにちょっとした心構えや準備をすることで安心して長距離ドライブを楽しんでいます。

この記事ではそんな長距離ドライブの不安を解決するために欠かすことのできない必需品をはじめ長距離ドライブより快適にするための方法を次の4つで説明します。

  1. そもそも長距離ドライブはなぜ疲れるのか?
    4つの理由について説明します。
  2. 長距離ドライブの不安を解決するために必ず用意すべき必需品5選を紹介します。
  3. ここまでやるとさらに安心な長距離ドライブ前の準備について説明します。
  4. 長距離ドライブをより快適にしてくれる便利なアイテム4選を紹介します。

この記事を読み終わると長距離ドライブへの不安が軽くなって「今度の旅行は車で行こう!」となると思います。

なばっち

ぜひ最後まで見ていって下さいね!

長距離ドライブはなぜ疲れる?4つの理由

長距離ドライブはなぜ疲れるのか?要因と疲れへの備え

長距離ドライブで疲れる主な理由は4つです。

  1. 同じ姿勢を長い時間継続することによる疲労
  2. 多くの情報を長い時間処理し続ける眼の疲労
  3. 走行音やクルマの揺れなどによるストレス疲労
  4. 長い時間緊張していることによる疲労

つまり長時間運転を継続することが疲れる原因になっています。

解決策はこまめに休憩すること

長距離ドライブというと勘違いする人もいますが長い距離を長い時間運転することではないです。

これをやるとあっという間に疲れてしまうので長距離ドライブに対する苦手意識ができてしまいます。

一般的に長距離ドライブでは2時間の運転で30分の休憩が必要と言われています。

大事なのは疲れたと感じる前に十分な休憩をとること。

先を急ぐのではなくしっかり休憩しながらノンビリと移動を楽しむようにすれば長距離ドライブも快適な時間にできると思いますよ。

ただし車の性能によって長距離ドライブの快適さは変わります。

長距離運転でも疲れない車についてはこちらの記事で紹介しています。

長距離運転でも疲れない車とは?1000km走って体験してきた。
長距離運転で疲れない車の条件を解説!1000km走って体験してきた長距離でも疲れにくい車の特徴を実際に1000kmのロングドライブの経験から解説。長距離で疲れない車の条件にはSUVやセダンの違い。エンジン特性の影響などもあります。運転支援系装備による効果も併せて解説。...

長距離ドライブの不安を解消するための必需品5選

サングラス(偏光タイプ)

長距離ドライブはとにかく眼が疲れます。
目は色々な情報や刺激が入ってきながら長時間処理をしている過酷な環境にいるんです。

そんな目の負担を少しでも軽くしてあげるために眩しさを抑えて眼に入る刺激を少なくしてあげることが有効です。

サングラスは目に入ってくる光の刺激を弱めてくれるので疲れに効果があります。。

眠気覚まし(ガム、コーヒー、眠眠打破)

高速道路の単調な運転は眠気を誘います。
眠気覚ましは必ず準備しておいた方が良いです。

人によって合う合わないの眠気覚ましがあるので自分にあったものを準備するのが良いと思います。

個人的にはガムがオススメ!

僕も運転中に限らず眠気覚ましにガムを噛むと眠気が覚めます。

ガムを噛むと眠気が覚める理由は噛む動作が刺激になり脳を活性化するからといわれています。

ウェットティッシュ

ヒンヤリとしたウェットティッシュで手を拭いたり首周りを冷やすだけとても気分転換になります。

目がスッキリして眠気が覚めますよ。

クルマに常備しておきたい必需品です。

携帯トイレ

「使うことなんてあるのか」と思いますが長距離を走っていると渋滞にハマリトイレに行けないなんてこともあります。

渋滞にハマると「しばらくトイレに行けないかも」と不安に考えてしまって余計なストレスを感じてしまいがちです。

実際に使うというよりも万が一の時のために安心感を持っておく意味で車に積んであると不安が解消されますよ。

スマホの充電ケーブル

スマホのバッテリーが切れると何かと不便です。

渋滞にハマッた時に迂回路を調べたり、予約しているレストランの時間に遅れそうで連絡を入れたかったり。

長距離ドライブの場合いったんスマホのバッテリーが0になると充電のチャンスが少ないです。

渋滞中の不安を解消する意味でも車の中に常備しておきたいアイテムです。

さらに安心度が増す長距離ドライブ事前準備

長距離ドライブに必要な事前準備とは?

長距離ドライブ前に行っておくとさらに安心度が増す準備は次の2点です。

  1. 基本的なクルマの点検
  2. 身体の調子を整えておく

基本的なクルマの点検は次の4項目です。

  • タイヤの溝(摩耗)の確認
  • タイヤの空気圧の確認
  • 燃料の残量確認
  • 車検の期限確認

どれも出発前のちょっとした時間でできるものばかりです。

タイヤの空気圧などは市販のエアゲージでも簡単に測れます。
燃費にも大きく影響するので日頃から自分で確認する習慣をつけておくことをオススメします。


⑤車検の期限確認は旅行中に万が一車検が切れたら帰ってこれなくなります。意外に盲点なので忘れずに確認するようにしましょう。

期日まで1ヶ月を切っているようなら出発前に車検を通しておいた方が無難です。

長距離ドライブの前日は深酒に注意し十分な睡眠をとって体調を管理するようにしましょう。

寝不足状態での高速道路の運転は本当にツライです。

体調が万全の状態であれば長距離ドライブも楽しい時間にできますよ。

長距離ドライブを快適にしてくれるアイテム4選

必需品ではないですがあると確実に長距離ドライブを快適にしてくれるアイテム4選を紹介します。

自分のドライブスタイルに合わせて利用してみるのも良いと思います。

  • シートサポート
    長距離の疲労を軽減するにはいかに正しい姿勢でシートに座るかが重要です。

    クルマのシート形状は万人向けにできているため自分自身の姿勢にはどうしてもマッチしないこともあります。

    そんな時に自分の身体とシートの間をサポートで埋めることで自然な運転姿勢を確保するアイテムです。
  • 車載用イオン発生機
    クルマの車内はニオイがこもりやすい空間です。

    シートや内張りが布で出来ているので車内で何かを食べたりするとどうしてもニオイが残ります。

    ニオイはドライバーにとってはノイズなので疲れを助長する要因にもなってしまいます。

    イオン発生機はそんな車内の嫌なニオイを消臭してくれるスグレモノです。
  • ネックピロー

    サービスエリアで休憩する時にシートを倒して軽く仮眠をとるだけで驚くように眼がスッキリして疲労がとれます。

    ほんの短い時間でも快適な仮眠をとることを助けてくれるアイテムです。

    車内に一つあると重宝すると思いますよ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

長距離をドライブが苦手な人は次のような不安をもっていることを説明しました。

  • 疲れる。眠気に襲われる。
  • 事前に準備が必要そう。
  • 渋滞にハマッたらどうしよう。

不安を解決し快適な長距離ドライブを楽しむために必要な4つのことについて説明しました。

  1. そもそも長距離ドライブはなぜ疲れるのか?
    4つの理由。
  2. 長距離ドライブの不安を解決するために必ず用意すべき必需品5選
  3. ここまでやるとさらに安心な長距離ドライブ前の準備。
  4. 長距離ドライブをより快適にしてくれる便利なアイテム4選。

長距離ドライブはちきんと対策すれば大きな苦痛なく快適なドライブにすることができます。

この記事を読んで「次の旅行は車で!」と思ってもらえたら嬉しいです。

では!

こちらの記事もおすすめ