カーライフ

車の下取りと買取の違い|損をしないための売却方法は?

車を売りたいんだけどあんまり手間をかけたくないんだよね。

車を売りたいんだけどできるだけ高く売りたいの。

下取りと買取ってそもそも何が違うの?

そんな悩みに答えていきます。

新しく車の購入を考えている人で、なるべく手間なく楽に今の車を売却したい人は下取りが向いてます。

対して多少手間はかかってもできるだけ高く車を売りたい人は買取の方がおすすめです。

車を売るという意味では2つは同じなんですが、下取りと買取は売却するための前提条件や交渉相手先が違うので中身が全然違うんです。

この記事では下取りと買取の違いについて4つのテーマで解説していきます。

  1. 車の下取りと買取の違いについて
  2. 下取りと買取のメリット・デメリット
  3. 下取りと買取|損をしないための選び方
  4. できるだけ高く車を売るための方法

この記事を読み終えると下取りと買取のどちらを選んだら良いのか解ります。

僕自身もこれまで何度も車を売却してきて下取りと買取でこんなにも違うんだ!と身を持って体験してきてます。

けっこう違うのでビックリしますよ(笑)

なばっち

車を売りたい側の目線でどっちが自分に合ってるのかが解るように伝えていくので、ぜひ最後まで見ていってくださいね!

車を売りたい!と思ったらこちらの記事

車を売りたい人にキーを渡す
車を売りたい!そう思った時の重要ポイント5選を紹介車を売りたい!車の買い替えを考えている!そんな時に役立つ記事を集めました。車の売却や買い替えは時期やタイミング、その他注意すべき項目がいくつもあります。損をしないために必要な記事です。...

車の下取りと買取の違いについて

車の下取りと買取の違いについて

冒頭お伝えした通り下取りと買取は全然違います。

前提条件と交渉相手先が違うんです。
違いを表で表すとこんな感じです。

前提条件交渉相手先
下取り車の購入とセット購入先のディーラー
買取特になし中古車買取業者
なばっち

もう少し詳しく説明しますね。

車の下取り

新たに車を購入する時に今乗っている車を引き取ってもらいつつ、その売却金を新たに買う車の購入代金の一部に割り当てることです。

車を購入することが前提になっていて、交渉相手先は車を購入するディーラーです。

車の買取

車を売却して現金をゲットすることです。

下取りが売却と購入がセットなのに対し買取は売却のみ。

単純明瞭でとにかく高く売ったモノ勝ちです。

前提なんかは特になくて、交渉相手先は中古車買取店になります。

車の下取り買取のメリット・デメリット

車の下取り買取のメリット・デメリット

下取り、買取の両方にメリット・デメリットがあります。

車を売りたい人は「高く売りたい」、「手間なく売りたい」
そう考えるはずですが見事にトレードオフの関係です。

下取りのメリット・デメリット

  • 購入するディーラー1店舗で完結するのでとにかく楽
  • 納車直前まで今の車に乗っていられる

車の購入から売却までを1つの店舗で完結できるので必要な時間と手間が少ないのが下取りのメリットです。

また購入した車の納車と売却する車の引き渡しを同じタイミングにできるので手元に車がない期間を考慮しなくてもよいです。

  • 買取と比較して査定額が低め
  • 査定額が相場に対して適切かどうかがわかりにくい

本来査定額には時期やタイミング、人気の車種、ボディカラー、オプションといったリセールバリューの要素が強く反映されるんですが、下取りにはこれが反映されにくいんです。

リセールバリューが高い車の条件はこちら

車の金額
リセールバリューが高い車の条件|知ってるだけで買取額が変わりますリセールバリューが高い車はどうやって決めているのかを解説。合わせてタイプ車種別にリセールバリューの高い車を紹介します。...

特に違うメーカーの車を下取りに出す場合にはその傾向が強いですね。

レクサスのディーラーにレクサスを下取りに出す場合は比較的下取り額も高いが、下取り車がBMWだとダメ。
こんな感じです。

一部のメーカーは自社で中古車販売網を持っているので、ある程度高値で下取ってもより高値で再度売却できるからですね。

レクサスやドイツメーカーの認定中古車販売店がこれにあたります。

また下取りの場合は、購入する車の値引きと下取りの合計で価格交渉されるため、トータルでお得に感じるよう調整ができてしまうんですね。

だから下取り額が市場の相場と比較して適切かどうかが分かりにくいんです。

本来であれば車の購入と売却は別々に交渉するのが理想なんですが、そもそも下取りを選択するユーザーはそこまでの手間を望んでいないことがほとんどだと思います。

買取のメリット・デメリット

下取りと比較して査定額が高くなりやすい

買取の場合は買取業者が複数あったり、買取業者によって得意分野が違っていたりときちんと市場の競争原理が働くので査定額は上がりやすいです。

人気車種、装備やオプションなどが正当に評価されて価格に反映されやすい。複数業者で査定額を比較して1番高い金額を提示した業者に売る。

こんなことができるのが下取りのメリットです。

  • 手間がかかる
  • 時期やタイミングによって相場の変動が激しい

納得のいく高額査定を引き出すためにはある程度複数の買取業者で査定したり、車を購入する場合は購入するディーラーと別途やりとりが必要だったりと結構手間がかかります。

また中古車市場は時期やタイミングによって買取額に大きな差があるので、時期を間違えると「査定額が思ったより安かった…」こんなことがあります。

高く売るにはそれなりの前知識が必要になると思ったほうがよいです。

車の下取りと買取|損をしない選び方

車の下取りと買取で損をしない選び方

ここまで下取りと買取のメリット・デメリットについて説明してきました。

なばっち

じゃあ実際車を売る時にどんなことを比較して選べばいいのか。
僕なりの考え方をお伝えしますね。

基本的には「手間がかからない方」をとるか「高く売れる方」をとるかの二択です。

下取りを選んだほうが良い場合

新しい車の購入と今乗っている車の売却を同時進行する必要があって、極力手間をかけたくない人は下取りを選んだほうがよいです。

車の査定額はどうしても買取と比較して低くなりがちですが手間がかからないというのは大きな魅力です。

買取を選んだほうが良い場合

車を高く売りたい人。今すぐ現金が必要な人は買取を選ぶべきです。

下取りの場合は車の購入がセットになってくるので全ての処理が終了するまでけっこうな時間がかかります。
納期の長い車の場合3〜6カ月かかることもありますからね。

それに対し買取は早ければ1週間もあれば売却して現金を手に入れられる即効性があります。

少しでも高く車を売る方法

少しでも高く車を売る方法

下取りにしても買取にしても少しでも車を高く売りたいですよね。

車を高く売るには自分の愛車が今どれくらいで売れるのかの相場を正確に把握する必要があります。

時期やタイミング、人気車種、装備等で買取額は大きく変動するので、ある程度高く売るための知識が必要です。

車を売る時期やタイミングを解説した記事はこちら

車のキーを渡す
車を売る時期やタイミング|高く売るために重要なポイントをまとめて紹介車を売る時期は1〜3月、9〜10月が適していますや、車検前後でどちらのタイミングが良いのか等、車を売るために重要なポイントについて解説をした記事です。...

下取りの場合は車の購入とセットでどうすれば1番お得になるかが大事です。

値引き、下取り額、今の車の車検時期など考える事が多いので知識がないと知らず知らずのうちに損をしてることがあるんですね。

車の買い替え時期のおすすめ記事はこちら

車の買い替え時期を考える|損をしないおすすめタイミングも解説
車の買い替え時期を考える|損しないためのおすすめタイミングも解説車の買い替え時期は車検時期、走行距離、ライフスタイルの変化など人それぞれです。損することなくベストな買い替えタイミングをおすすめとして紹介しています。...

\完全無料!・簡単40秒で査定申し込み/
一括査定.com

まとめ:車の下取りと買取の違い

まとめ:車の下取りと買取の違い

いかがでしたか?

車の下取りと買取の違いについて4つのテーマで解説してきました。

  1. 車の下取りと買取の違いについて
  2. 下取りと買取のメリット・デメリット
  3. 下取りと買取|損をしないための選び方
  4. できるだけ高く車を売るための方法

下取りと買取のどちらを選ぶかは人それぞれの事情によって変わってきます。

どちらを選ぶにしてもなるべく得する選び方をしたいですよね。

この記事がそのために役立ってもらえると嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ