カーライフ

ローンや残クレが残っていても車は売れる|ただし注意点あり!

お金の流れ

まだ車のローンが残ってるんだけど途中で売却することってできるのかな?

なばっち

こんな悩みを持ってる人はけっこういますよね。

結論からいってしまえば、車のローンが残っていても売却はできます。

なばっち

何の問題もありません。

僕はよく通常ローンも残クレ(残価設定型クレジット)も返済途中で売却してしまってますからね(笑)

売却先の買取店や、買い替え先のディーラーにお願いすれば必要な手続きを代行してくれるので特に難しいこともありません。

ただし注意すべき点はあります。
売却額がローンの残債を上回っているのか下回っているのかです。

売却額よりもローン残額の方が上回っている場合はちょっと面倒くさいことがあります。

そんな面倒くさくなることを避けるためにこの記事では以下の要点3つについて解説します。

  1. ローンが残っている場合でも車の売却は問題なく可能
  2. 残っているローンの額に対して、売却額が上回るor下回るで対応に差がでる
  3. ローンが残っている、残っていないに限らず車は高く売ることが必要

この記事を読み終えるとローンが残っている車の売却時に注意すべき点が分かるようになります。

なばっち

ぜひ最後まで見ていってくださいね!

車を売りたい!と思ったらこちらの記事

車を売りたい人にキーを渡す
車を売りたい!そう思った時の重要ポイント5選を紹介車を売りたい!車の買い替えを考えている!そんな時に役立つ記事を集めました。車の売却や買い替えは時期やタイミング、その他注意すべき項目がいくつもあります。損をしないために必要な記事です。...

ローンが残っている場合でも車の売却は可能

ローンが残っている場合でも車の売却は可能

記事の冒頭でお伝えしていますが車のローンが残っている場合でも売却はできます。

売却はできるんですがそのために必要な条件があります。

車の所有者が自分(自分名義)である必要があるんです。

??そんなの当たり前じゃないの???

そう思ってます?

この記事を見てるということは読者さんは今の車をローンで購入してますよね?

一度車検証の「所有者の氏名」の欄を見てみてください。
ローン会社や購入したディーラーの名前になっているはずです。

ローンで車を購入した場合はその車の所有者はお金の貸し手なんです。

車を売却するためには貸し手にローンの残額を返済して所有権を自分に移転する(自分名義の車にする)必要があるんです。

え?じゃあローンを完済しないと車を売れないってこと?

そう思いますよね?

そこは安心してもらってOKです。

車を売却した時のお金をローン返済に当てることで車の名義変更ができるシステムになってるんです。

これを聞くと「ややこしい!」と思うかもですが、このややこしい手続きは買取業者や下取りをしてくれるディーラーが代行してくれるので我々はほとんど何もする必要がないんです。

買取業者やディーラーにいわれた書類を用意するだけ。

用意する書類は次の3点です。

  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

自分で調達するのは印鑑証明書くらいです。

委任状と譲渡証明書は業者が調達してくれるので必要事項を記入するだけですね。

これは通常のローンでも残クレ(残価設定クレジット)でも同様です。

よく「残クレは途中で売却できないんじゃないか?」と思っている人が多いですが全然そんなことないです。

通常のローンは借入額を毎月同額で最後まで支払うのに対しで、残クレは設定残価を最後に一気に払い、残りの額を毎月同額で支払うだけの違いで同じローンです。

ただし残クレはいざ車を売却しようと思った時に通常ローンと比較して残債が多いです。

この点は注意が必要です。

例えば300万円の車を5年フルローンで購入した場合の通常ローンと残クレの比較をしたのが次の表です。
わかりやすくするために金利は無視、ボーナス加算はナシにします。
残クレの残価設定率は30%としました。

借入額毎月支払額最終月支払額(例)3年後残債
通常ローン300万5万円5万円60万
残クレ(残価設定クレジット)300万3万5600円89万9600円129万1200円

見ての通り同じ3年後の残債に倍近い差があります。

残価設定率や、頭金、金利などの条件で変わりますが、残クレは最終月支払額分をディーラーに車を返却(売却)し精算することが前提なので本質的にこの差は埋まりません。

詳細は次の項目で説明しますがローン途中で車を売却するには残債に対して売却額が上回っていることがとても重要になってきます。

その意味で残クレは途中売却のハードルが高いといえます。

ローンの残っている額に対して車の売却額が上回る?or下回る?

ローンの残っている額に対して車の売却額が上回る?or下回る?

ローンの残っている車を売却するかどうかを判断するためにとても重要です。

ローン残債、売却のための査定額、これらを比較してみてください。

  • ローン残債<査定額
  • ローン残債>査定額

売却額が上回る場合(ローン残債<査定額)

全く問題なしです。

買取業者やディーラーの指示に従って言われたとおりに手続きするだけです。

全ての手続きが滞りなく終了し差額が自分の銀行口座に振り込まれます。

売却額が下回る場合(ローン残債>査定額)

この場合が問題です。

前の項目でお伝えした通り車を売却するには今の貸し手に対しローンを完済する必要があるので、足りない差額を何らかの方法で支払う必要があるんですね。

方法は3つあります。

  • 差額を現金一括で払う
  • 差額を新たに別ローンで組み直す
  • 買い替えの場合は、購入した次の車の購入額に上乗せしてまとめてローンで支払う

おすすめ、というよりここは防衛ラインとして守るべきと僕が考えるのは「差額を現金一括で払う」の一択です。

逆に「差額を現金一括で払う」ことができないようならその売却、買い替えは考え直した方が良いと思います。

理由は次の通りです。

差額を新たに別ローンで組み直す

銀行でローンを組み直す方法や、買取業者が用意している「ローン返済サービス」の利用がこれにあたります。

  • 審査が必要。場合によっては通らないことも
  • 借り換え後の金利の方が高い場合支払額が増える
  • 借り換えの手続きが大変

ローンを返すためのローンになるのでおすすめできません。

大前提としてローンは負債です。
無いに越したことないです!

次の車の購入額に上乗せする

新車購入額に上乗せするので一見すると完済した気分になるが実際はローンを返すためのローンになっている。

ローンが残っている残っていないに限らず車は可能な限り高く売る

ローンが残っている残っていないに限らず車は可能な限り高く売る

売却額がローンの残額を下回るととても悲しいことになります。

車を売却する上で重要なのはとにかく高く売ることです

車を売却する時には必ず一括査定を!

自分の車はいくらで売れるのか?

その相場を正確に把握し買取業者やディーラーの言い値に乗せられないことが重要です。

なるべく高く車を売るためにやってはいけないことが次の2点です。

  • 新車の商談に向かったディーラーでそのまま下取りに出す
  • 車買取店に査定を出す時に1店舗だけの査定額で売却を決めてしまう

「今契約してくれれば下取りをもう少し勉強させてもらいます。」

「他店さんで査定しても大して違いはありませんよ。今決めてもらればここまで頑張れます。」

こういった言葉は契約させるための戦略です。
決して引っかかることがないように注意してください。

適正に相場を知るためには一括査定を利用するのがおすすめです。
一括査定で提示された額を元にディーラーと下取り額を交渉します。
具体的には以下のような流れです。

  • STEP1
    一括査定
    複数の買取業者に査定をだす
  • STEP2
    ディーラーと交渉
    一括査定で見積もった最高値を元にディーラーで下取り交渉する
  • STEP3
    売却
    希望価格であればディーラーに売却。そうでなければ買取店に売却

でも初めて一括査定を利用する人は買取業者から電話が掛かりまくってくるんじゃないか心配だと思います。

そんな人にはMOTAの一括査定がおすすめです。

実車の確認なしに概算で10社以上の見積をとって、高値をつけた上位3社とだけ実際にやり取りをするので他の一括査定にありがちな電話ラッシュがないのが良い点です。

しつこい営業電話なし!“2度目に選ばれる”一括車買取査定【MOTA車買取】

もう1つおすすめの方法として自分の車をネット上で公開オークションにかけて最高値をつけた業者に売却するUcarPACという方法があります。

売却までの流れは次の通りです。

  • STEP1
    概算買取額をチェック
    ネットで自分の車の概算価格を確認する
  • STEP2
    実車の査定
    UcarPACから連絡がくるので近くの提携店もしくは自宅で実車査定
  • STEP3
    オークション
    査定データを元にUcarPACのネットワーク内で買取業者が価格を提示
  • STEP4
    売却
    高値をつけた業者に売却

UcarPACを利用するメリットは次の通りです。

  • 実際の電話連絡はUcarPAC1社のみ
  • UcarPACを通した売買のため個人情報が流れない
  • 実車査定は1回きり
  • 中間マージンがないため高値で売却できる

買取業者とのわずらわしいやり取りなしに高値で売却できるのが大きなメリットです。

あなたの愛車は今いくら?UcarPACが1分でカンタン相場チェック

車を少しでも高く売る時期やポイント

車を少しでも高く売るためには時期やタイミング、それ以外にも重要なポイントがいくつかあります。

これらのポイントを気にするだけでの売却額が10万円単位で変わってきたりするので無視することはできません。

車を売る時期やタイミングのおすすめ記事はこちら

車のキーを渡す
車を売る時期やタイミング|高く売るために重要なポイントをまとめて紹介車を売る時期は1〜3月、9〜10月が適していますや、車検前後でどちらのタイミングが良いのか等、車を売るために重要なポイントについて解説をした記事です。...

まとめ:ローンが残っている車の売却はできます

まとめ:ローンが残っている車の売却はできます

いかがでしたか?

この記事ではローンが残っている車を売却することができることと、その際の注意点について解説してきました。

要点のまとめです。

  1. ローンが残っている場合でも車の売却は問題なく可能
  2. 残っているローンの額に対して、売却額が上回るor下回るで対応に差がでる
  3. ローンが残っている、残っていないに限らず車は高く売ることが必要

この記事が良いなと思ってもらえて参考になってくれれば嬉しいです。

こちらの記事もおすすめ